学校教材

学校教材と一般に言いますと、文部科学省が管轄している、幼稚園、小学校、中学校、高等学校等で使用をいたします副教材を指します。
古くは、明治時代に文部省が、教育内容を充実する目的のため、フレーベルの置物教材の思想(現在の算数セット)で教科書を補助したのが、学校教材といわれる最初とも言われています。